結婚式・結婚準備のことなら

ブライダルプラザ

ラブレ

ウェディングブーケ

ウエディングブーケは、ドレス同様、繊細で細かくデザインされていて、
依頼に対して忠実なのを再現してくれます。
依頼時は、「ナチュラル」「インパクトのある」「色味」など
全体をイメージして考えるのがいまどきです。
また、制作には
「花の種類」「ブーケ全体のデザイン」「ドレスとの相性」「会場との雰囲気」
どれも同じくらい大切です。
ドレスや会場など、自分の条件に合うものがイメージできない場合などには、
画像検索などで「いいな」と感じるブーケを探してみましょう!
参考になると思います。

 

🏵ブーケに使う花のタイプ🏵

●生花

●アートフラワー
生花と同じかそれ以上の価格の造花(アートフラワー)は、本物と見紛うほどのクオリティ。
海外ウエディングや前撮りに同じものを持って行きたい場合や、生花より軽量を求める場合におすすめ。

●プリザードフラワー
生花を加工したものですが、半分は生花です。
保存が効き、ロイヤルブルーなど生花にはない色の
バリエーションがあることも魅力です。
ご両親やご友人が作ってプレゼントしてくれる
場合に用いられることが多いですが、染料がドレスにつくことがあるので注意を。

●ドライフラワー
ドライフラワーで作ったブーケは、
生花ブーケにはない陰影が生まれ、表情豊かに。
ナチュラルテイストのウエディングはもちろん、クラシカルテイストのウエディングにもお勧め。
乾燥したては鮮やかな色合いですが、徐々に色が褪せていき、
ビンテージ感が漂うのがドライフラワーの最大の魅力。
もう一つの魅力は軽いこと。
生花ブーケは使用する花材によっては重さが出て、腕が疲れてしまうことも。
ドライフラワーブーケなら軽いので、ブーケを持ちながらゲストの間を軽やかに動く事ができます。

 

 

【お願い】
現在、ご来店は「完全予約制」とさせていただいております。
ふらっとお立ち寄りいただけることも、大変嬉しいのですが、
感染予防対策の為の予約制となりますので、ご協力いただけますと幸いです。

ご予約、ご相談は、お電話・HP・LINE・メール等で受け付けております。
お気軽にお問い合わせくださいませ

皆様のご来店・お問い合わせ、心よりお待ちしております💕

 

内祝いやプチギフトに…

結婚式の引き出物や内祝い
選ぶものが多く迷ってしまいますよね

たくさんのカタログの中から選ぶことも楽しみの1つですが、
山陰の企業が作る「地元」のギフトもオススメです。



島根のたなべ森の鶏舎直営店ままたまごさんの
【ままたまごばうむ】
水・食事・環境にこだわり育てられた鶏から生まれる卵を使用しており
「そふと」はしっとりとしており上質な口あたり、
「はーど」は外はカリッと、中はモチッとしており触感も楽しめる
こだわりのバウムクーヘンです。

鳥取のだんごや萌音姉妹店もねぷらすさんの
【しあわせ願い星】と【幸福のふくろうもなか】
【しあわせ願い星】は、星取県にちなんだ星形の最中、
【幸福のふくろうもなか】は「福が来る」「苦労がない」などを願った
縁起物として愛されているふくろうをモチーフに作られた最中です。
こだわりのあんを使用し、甘すぎず上品で最中の皮との相性もバツグンの品です

【幸福のふくろうもなか】は、結婚式やご会食のプチギフトはもちろん、
フォトウェディングに付き添ってくださった大事なご家族への
プレゼントとしても人気の品です

地元の食材を使った地元企業のギフト
ゲストの方も大変喜ばれること間違いないですね

ラブレ米子店では、ご紹介の品のお取扱いも行っております
気になる方はぜひ、ラブレ米子店までお問い合わせください

神前挙式

今とても人気のある神前挙式。

ラブレ米子店では、多くお問い合わせをいただいてます。

神前挙式は白無垢・色打掛などの和装で執り行われ

厳かな雰囲気の中、家と家とのつながりを結ぶ儀式です。

「和」を感じられる挙式をご希望の方、ご家族だけでお考えの方はぜひご検討ください。

ラブレでは、挙式後の会食の会場もご案内しております。

お気軽にラブレへお問い合わせください。

 

イベントのお知らせ

💍ブライダルリング相談会開催💍

開催期間 : 12/19(土)・20(日)・21(月)

 

 

12/19~21の3日間、ブライダルリング相談会を行います。

今回は鳥取地区での開催となります。
今までなかなか来られなかった方も、
初めて聞いたけど気になるという方も、
是非、ご来場くださいませ!
指輪のご相談だけでも気軽にお問い合わせくださいませ。

また、ブライダルリングの他にも
新生活に必要な寝具やオーダースーツなどもございます。

 

※ご予約の上、ご来場をいただきますようお願い申し上げます。
お気軽にお電話・メール・LINEにてお問い合わせくださいませ。
※ ※メール:tottori@lovere.com
※ ※LINE:ID:@131ajqre

フォトウェディング

11月になり、朝晩の気温が下がり少しずつ冬に近づいています。

寒暖差で体調を崩されないようにお気を付けください。

 

秋は前撮りやフォトウェディングに人気の季節です。

紅葉やススキなど季節を感じられるお写真も残していただけます!

お写真だけをお考えの方、当日は着ないけどお気に入りの衣裳も

お写真に残されたいとお考えの方は、ぜひラブレへご相談ください。

季節を取り入れて

朝と夜が肌寒くなり、少しずつ秋を感じられるようになってきました。

秋を感じられ、ブーケや装花などに取り入れやすい人気のお花と、素敵な花言葉を紹介します。

 

『コスモス』

秋桜(あきざくら)とも言われるコスモス。秋のお花と聞いて思いつかれる方も多いのではないでしょうか。

コスモスには、「乙女の真心」「調和」「謙虚」という花言葉があります。

ピンク「純潔」 白「優美」 赤「愛情」などお花の色によって違う花言葉もあります。

 

『ピンポンマム』

ピンポンマムとは西洋菊とも呼ばれるキク科のお花です。和風にも洋風にもアレンジのしやすいお花です。

花言葉は、「真実」「高貴」「君を愛す」「清らかな愛」などあります。

お花の色も赤・ピンク・白・緑・黄色などあるので他のお花とも合わせやすいですね。

 

そのほかにも

『ダリア』・・・「華麗」「優雅」「気品」

『フリージア』・・・「あどけなさ」「純潔」「親愛の情」

『トルコキキョウ』・・・「優美」「すがすがしい美しさ」「思いやり」「希望」

など秋のお花にも素敵な花言葉があります。

 

秋の旬なお花をブーケなどに取り入れられてみてはいかがでしょうか。

 

感謝を込めて

引出物は、おふたりのために集まってくださったゲストの方への感謝の気持ちを込めてお渡しするものです。

山陰では「記念品」「縁起物」「引菓子」の3品で構成されています。

 

【記念品】

結婚式に来てくれた方の記念となるようなものを選ばれます。

お皿やマグカップ、ゲストの方に選んで貰うカタログギフトなどが人気です。

カタログギフトには、アルバムタイプなどがありギフトを頼まれた後に写真など入れて使って頂くこともできます。

【縁起物】

縁起の良い意味を持つかつおぶしや梅干などが人気です。

かつおぶしは、切り分けた身の背中側を「雄節」お腹側を「雌節」と呼び

雄節と雌節がぴたりと合わさることから「夫婦の象徴」という意味があるといわれています。

最近はお茶漬けやスープといったおしゃれな縁起物もたくさんあります。

【引菓子】

ゲストの方が引菓子を持ち帰り、ご家族と幸せを分け合う為のお菓子といわれています。

人気なのはバームクーヘン、デニッシュ、焼き菓子、カステラなどです。

バームクーヘンは樹木の年輪に似ていることから「夫婦が仲良く歳を重ねていけますように」と

願いも込められている為、引き菓子でよく選ばれています。

 

おふたりの感謝の気持ちが、ゲストの方へ伝わりますように!!

ラブレでは、引出物と内祝いも承っておりますのでぜひお声かけください。

 

8月29,30,31日のご予約状況

8月29日~31日まで松江イングリッシュガーデンで

開催されるブライダルリング&オーダースーツのイベントは

残席わずかとなってまいりました。

期間中は、出雲店の出雲大社結婚式出張相談会も開催。

普段はなかなか出雲までお越しいただくことが難しい方も

この機会にぜひご相談ください。

尚、期間中出雲店店頭でのご相談は16時枠のみとさせていただきます。

 

2日現在のご予約状況は下記のとおりです。

イングリッシュガーデン 出雲店
8月29日10:00
8月29日13:30
8月29日16:00 残り1枠
8月30日10:00
8月30日13:30 残り1枠
8月30日16:00 残り1枠
8月31日10:00 残り1枠
8月31日13:30 残り1枠
8月31日16:00 残り1枠

結婚指輪のはじまり

“いつから?”

結婚指輪に関するもっとも古い言い伝えは、紀元前のヨーロッパ。
ギリシャ神話が由来となり、鉄の指輪が結婚指輪として用いられていたそうです。
指輪交換をするようになったのは9世紀。
当時のローマ教皇であったニコラウス1世が妻へ金の指輪を、妻から鉄の指輪を交換したとされています。
それから、貴族の間で結婚指輪を結婚の象徴とすることが流行し、
だんだんと一般的にも結婚指輪を交換することが広がっていったそうです。

日本にこうした風習が伝わったのは明治時代の頃ですが、当初はあまり定着していませんでした。
日本でも広まったのは、第二次世界大戦以降に生活様式が西洋化してから。
現在では、チャペルで結婚式を挙げて結婚指輪交換することは、すっかりお馴染みの光景となりましたね。
神前式や人前式でも、指輪交換を行うカップルがほとんどです。



“何故、左手薬指?”

それは、古代ギリシャや古代エジプトなどの言い伝えが由来。
左手の薬指の血管は、心臓へと直接つながっていると考えられていました。(この話はよく耳にしますね!)
そのため、ハートや愛を意味する心臓に一番近い左手薬指に指輪をはめるとによって、
相手の心をつかんで、結婚の誓いをより強固なものにするという意味があったと言われています。
また指輪をはめる指にもそれぞれ意味があります。
左手には「信頼」、薬指には「愛情」という意味があり、
お互いの左薬指に結婚指輪を着けることで、ふたりが永遠に結ばれ、愛や絆が深まるとも言われています
結婚指輪に最も適しているのが、左手薬指だと納得できますね。

こうした歴史を知って、指輪の準備をするのも楽しいですね!

----------------------------------------------

多くの種類を取り揃えたブライダルリングフェアを

来月8月に開催いたします。

まだ指輪を決めていないというお2人にピッタリなイベントになっております。

お気軽にお問い合わせください。

LINE:ID:@131ajqre
Mail:tottori@lovere.com
インスタグラム:https://www.instagram.com/lovere.tottori/